やりたい仕事を探すんじゃなくて、理想の生活を見つける

こんにちは!

私のブログを読んで下さってる人には

すでにお分かりだと思いますが、

 

大学に行くか、転職するか、悩んでいた

時期がありました。

 

26歳となると、世間的には「まだ若いから大丈夫」

と思われてしまうのですが、

 

当の本人からしてみれば、

「もう26歳だ、、やばい」

と、焦燥感に陥ってしまいます。

 

しかし、やりたい仕事っていざ考えてみると、

難しいんですよね。

 

見つけるのは簡単だと思いますが、

・その仕事で今後ずっと働いて行けるか?

・本当にやりたい仕事なのか?

 

こんなことを考えると、なかなか前に進めません。

 

このような状態になった時の対処方法を

個人的意見ですが、書いて行こうと思います。

(今はこの悩みから脱して目標に向けて行動中!)

スポンサーリンク



スポンサーリンク

やりたい仕事を考える

ともあれ、自分のやりたい仕事から

考えた方が、自分と向き合うことができます。

 

私の場合ですと、

  • 臨床心理士を目指す
  • 同業種に転職
  • IT関係の仕事に就く
  • 就職せずにフリーターになる
  • 時に身を任せ何もしない

こんな感じでした。

最後の方は、やりたい仕事と以前の問題ですが笑

 

とりあえず、紙に自分が興味ある仕事や

やりたい仕事を書いて行くのがおすすめです。

 

頭の中だけで考えるより、

視覚を通して考えた方が言葉一つに対しても

しっかり考えられると思います。

 

この段階で、自分のやりたい仕事が見つかる人も

いると思います。

「よし、やってみよう!」と思えたら、

書籍やネットを使って、少しづつ行動して行きましょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

理想の生活を見つける

「考えたけどやりたい仕事が見つからない」

「気になる仕事はあるけど、踏ん切りがつかない」

「本当に正しのか分からない」

 

やりたい仕事が見つからない人は、

このように考える人も多いかと思います。

 

私はめっちゃくちゃ考えました。

悩んだ期間は3年間ぐらい、

本気で考えて行動したのは半年間ぐらい

悩んでました。

 

そして、少し考え方を変えてみました。

 

自分の理想の生活はどんな生活なのか?

 

これは、「仕事」だけの話ではなく、

今後、自分の人生をどういう風に生きて行きたいか?

これについて考えて行きました。

 

当ブログは、運営当初から「自由に生活したいぃぃ!!」と

騒ぎながら書いています笑

 

私の場合は過去の記事を見て、

過去の自分の意見に耳を傾ける事にしました。

 

<プロフィール>私が経済的自由を目指したきっかけについて

セミリタイアについて考えてみる

自分やりたいことリストを作ってセミリタイアを目指せばモチベーションは維持できる

 

そこで改めて気付いたことは、

私は自由に生活したがっていると言うこと。

 

かなりザックリしているので詳細を書いて行くと、

普通に仕事する分には問題ないけど、

 

  • 長期休暇を取って旅行に行きたい
  • 友達と会うから今日の仕事はここまで
  • お金が必要だからバリバリ働く
  • 新しいことに挑戦したいから集中したい

このような感情が強く、

私がセミリタイアをしたい大きな要因です。

 

ぶっちゃけ、かなり我儘な人ってことです笑

 

あとは、逆算すればいいだけです。

 

私が求める自由な生活を再現するには、

フリーランスや投資家として生きて行くことが

一番の近道であると思いました。

 

会社員として働いては、どこに就職しても

私の満足いく結果にはならないと思い、

自由業を選択しました。

 

どんな仕事に就きたいか?より、

どんな生活を送りたいか?を

重点的に考えた結果、このような

結論になりました。

 

自由とは、安定的な生活・職を失う覚悟を持ち

一般的な社会的レールからはずれる必要がある。

セミリタイア生活を失敗しない為の条件とは?常識を捨てる事

 

スポンサーリンク

まとめ

やっと自分の気持ちに整理が出来たので、

最近は気分が良いです。

 

現在は、フリーランスになるべく

独学で勉強を開始し、年内で仕事を辞めたら、

本格的に学ぶ為、PCスクールに通う予定です。

 

素人が簡単になれる仕事でないのは

承知ですが、自分の理想の生活の為に

死ぬ気で学んで行きます。

 

やりたい仕事を探しているあなたへ、

どうしても見つからなかったら、

自分が求める「理想の生活」を考えてみては

どうでしょう?

 

案外、そっちから考えた方が

簡単に見つかるかも知れませんよ。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です