自分を操る超集中力(著者:DaiGo)を読んだ感想ウィルパワーがすごい!

こんにちは!
イタリアン仮面です!
@itariankamen

今回は、最近読み終えた「自分を操る超集中力」著者:DaiGoについて読んだ感想を書いて行きます!

この本は、ブログを書いている人で

集中して記事が書けない・・

という人にもおすすめな本となっております!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

集中力には源がある

私は、この本を読むまで

イタリアン仮面

集中力は気合だ!

と思っていましたが、人間の前頭葉に集中力の源があるそうです。

 

その集中力の源の名前はウィルパワーと呼びます。

このウィルパワーは一定の量があり、集中力を使う度に少しづつ消耗していくそうです。

 

「仕事をする」・「ブログを書く」・「ダイエット中だからお菓子を控える」

こういった出来事に関してもウィルパワーは消耗していくそうです。

 

先程も言いましたが、ウィルパワーは一定の量があるので、「今、自分が集中出来てないな・・」と思ったらウィルパワーがなくなっている状態の可能性が高いと言うことですね。

 

私もブログを書く時に、

イタリアン仮面

あっ、あれについて書こう!

と思った時はすぐに記事を書けるのですが、

イタリアン仮面

ネタ探しにネットサーフィンしよっ!

とダラダラ調べて、いざ書こうとする時には、

イタリアン仮面

うーん・・・
なんか集中できないな

なんてことが度々あります笑

あれは、私の前頭葉にあるウィルパワーが消耗していたからなんですね。

スポンサーリンク

ウィルパワーは節約したり鍛えることが可能

集中力がない人

ウィルパワーは消耗するだけなの?

いいえ。

ウィルパワーは節約したり鍛えることも可能です!

ウィルパワーを効率良く活用する方法は以下2つ。

  • トレーニングによってウィルパワーの総量を増やす。
  • ウィルパワーの消費量を日々の行動や習慣を変えることで節約していく方法

ウィルパワーにも個人差はあるようですが、自分で鍛え、コントロールすることによって活動時間に集中力を切らさずに活動できそうです。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

日々の習慣について考える

前頭葉には・・・

  • なにかをやる
  • なにかをやらない
  • なにかを望む

 

という選択や決断を担う領域がそれぞれあり、その1つ、1つの選択や決断をするたびにウィルパワーは減って行きます。

 

と、言うことは・・

日々の生活をパターン化して脳に選択や決断をしていると思わせなければいいのです。

例えば、冷凍庫にアイスがあります。

チョコモナカジャンボ
MOW
ジャイアントコーン

冷凍庫に3種類のアイスがあると、

イタリアン仮面

どれにしようかな~♪

と選択をしようとします。

はいっ!今ウィルパワー消耗したぁ!!

これが選択によって消耗してしまうパターンですね。

ここで生活スタイルを見直して、冷凍庫の中身を・・・

チョコモナカジャンボ
チョコモナカジャンボ
チョコモナカジャンボ

このようにしましょう。

こうすれば選択することがなくなるのでウィルパワーの消費を抑えられます。

日々の行動もパターン化できるとさらにいいですね。

  • 朝の支度をパターン化
  • 着る服もパターン化
  • 会社までのルートもパターン化
  • 仕事から帰ってきてから寝るまでのパターン化

 

なんだか機械みたいな生活だな・・

 

パッと見そう感じるかもしれませんが、仕事をする時、副業に専念する時に集中力を切らさないで作業する為の手段です。

力を発揮したい時に全力で臨むには、他のとこで力を使わないようにするべきですね。

ウィルパワーを鍛える

ウィルパワーは瞑想をすることによって鍛えることができるそうです。

脳が瞑想に慣れてくると、集中力・注意力が向上することは脳科学の分野で証明されているようです。

<瞑想のやり方>

・体を動かさないで床にじっと座る

・両手は膝の上

・鼻から息を7秒間ゆっくり吸い込む

・口から7秒かけて吐く

・3~5分繰り返す

口呼吸と鼻呼吸どちらが前頭葉に負担がかかるかと言うと口呼吸の方が負担になるそうなので、集中力を高めたい人は、鼻呼吸を意識しましょう。

 

まとめ

書籍にはもっと細かく、詳しく書いてあります。

集中できる環境やアイテムについてなど!

この手の本は今まで読んだことがなかったのですが、もっと早く読んでおけば良かったと後悔してます。

 

科学的根拠に基づいて説明されている部分もあるので納得しながら読み続けることができます。

ブログを書いている人で、「集中力なくて記事書くのに時間がかかっちゃうんだよね~」という人にも参考になることが多いので、興味が出たら読んでみると良さそうです。

 

この本を読み終えたら、ゴリゴリとブログ執筆に力が入りそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です