投資信託の分配金っていくら投資すれば受け取れるの?

こんにちは!
毎月コツコツ投資をしている
イタリアン仮面です。
@itariankamen

投資信託の分配金っていくら投資すれば受け取れるの?

少額が貰えないの?100万円・200万円無いと駄目?

 

この疑問について解決して行きます。

私も投資を始めた当初は、大金が無いと分配金は貰えないと、思っていましたが、少額投資でも分配金は貰えます。

そこら辺も解説して行きますね!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

投資信託の分配金には2通りある。

投資信託には、分配金システムが2通りあります。

  • 毎月分配型
  • 再投資型

この2パターンがあるので、自分が投資する商品が、「毎月分配型」なのか「再投資型」なのか、しっかり確認しておきましょう。

 

どこで確認すれば良いんだろう・・?

 

今回はSBI証券を使って説明します。

SBI証券で分配金について確認する方法

まずは、SBI証券を開きます。(会員出なくても開くことは出来ます)

すでに、購入予定の商品があれば、その商品ページに行きましょう。

右上の赤枠で囲ってある場所に、「毎月分配」と記載されていたらその商品は毎月分配金を受け取れる商品になってます。

 

投資初心者

まだどの商品にしようか
決まってない!

と、言う人は簡単に、自分が欲しい商品を探すことが出来る方法をお伝えします。

投資商品を簡単に探す方法

 

自分の条件に合う投資商品を

簡単に見つけたい・・

SBI証券のサービスには「パワーサーチ」機能があります。

「自分の条件に合う商品を簡単に見つけることが出来る」機能だと思って下さい。

トップページにある「投信」をクリックして下さい。

次に、「銘柄検索・取扱一覧」をクリックします。

このページで、自分の条件を入力すれば、対象の商品が一覧で出てきます!

スポンサーリンク

 分配金はいくらから受け取れる?

 

いくら投資すれば、
分配金が貰えるんだろう・・・?

「毎月分配」の商品を見つけたら、その商品ページを下にスクロールすると、「分配金実績」と言う表が出てきます。

この表の中に「〇〇円」と書いてあるのが、投資したら貰える分配金になります。

分配金の計算方法

投資信託の場合は、基準価格×10,000口=分配金になります。

例えば・・・

  • 基準価格が3000円
  • 毎月分配金が100円

 

この場合は、3000円分購入すれば、毎月貰える分配金は、100円になります。

口数で言うなら、3000円=10,000口となります。

投資信託の場合は、購入口数を1つ2つと数えるのではなく、10,000口、20,000口と数えます。

 

もう一つ例を出して見ますね。

  • 基準価格が5000円
  • 毎月分配金が100円

 

この場合は、5000円分購入すれば、毎月貰える分配金は、100円になります。

10,000円購入したら、貰える分配金は、200円になります。(この時の口数は20,000口になります)

スポンサーリンク

少額投資じゃ貰えない?

毎月分配金の商品を見てもらえれば、すぐにわかりますが、少額投資でも毎月分配金は貰えます。

例えば、大和住銀-日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)こちらの毎月分配型商品は、基準価格が約3000円に対して、貰える分配金は100円です。

 

10000円購入したら、毎月300円貰える計算ですね。

10万円購入したら、毎月3000円も貰えます。

基準価格が高いのもありますが、5000円以内で購入出来る商品も多々あります。

なので、少額投資でもしっかり、分配金を貰えるので安心して下さい。
スポンサーリンク



再投資型の商品について

 

投資信託商品を探してたら、「分配金0円」があったけど、どう言うこと?

 

投資信託商品を探していると、「分配金0円」と表示されていることがあります。

このような商品は、分配金は払わない代わりに、そのお金を再投資して資産を増やして行くよ!

ってスタイルの投資商品です。

毎月分配金型と再投資型にもそれぞれ、メリット・デメリットはありますが、この記事で書いてしまうと、情報過多になるので、別記事で書いて行こうと思います。

まとめ

今回の記事をまとめます。

・投資信託の分配金は数千円から貰うことが出来る。

・大金がなくても少額投資が出来る。

・自分の条件にあった商品を探す時は「パワーサーチ」を使おう。

・分配金の計算方法は、「基準価格×口数=分配金」

毎月分配金に関しての心得としては、将来も必ず、今の分配金が貰える保証はない!と言うことです。

あくまでも「今」の分配金金額なので、自分のお金を全額投資するようなことは、避けた方が良いと思います。

無理のない投資を始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です