不労所得の作り方【1年間で確実に2〜3万円を手に入れる】

 

こんにちは!
不労所得ゲットの為、日々奮闘している
イタリアン仮面です!
@itariankamen

 一年ぐらいで確実に不労所得を作りたい!

まずは何から始めればいいの?

この辺りの疑問について解決して行きます。

 

私自身も2〜3年前から「不労所得欲しい!」と思い、自分なりに調べて行動してきましたが、

現在では、毎月2〜3万円ほどゲットできます。

私自身は、投資とブログから収益を得ています。〔月2万円ほど〕

 

では、順を追って説明していきますね!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

お金の投資先を見つける

まずは、投資先を見つけましょう。

初心者

いきなり投資先を見つけろなんて言われても、
どうしたらいいかわからないよ!

投資をしたことのない人だったら、このような疑問を持つと思うので、
私が実際に投資をしている方法を書いていきます。

まずは、インデックス型に毎月積立投資しましょう。

 

インデックス型ってなんだろ?

 

と言う人はこちら↓の記事を参考にしてみて下さい。

投資信託のおすすめ積立銘柄3選!初心者ならバランス型商品一択!

 

インデックス型とは?

ここで簡単に説明しますと、

日経平均株価やTOPIXの指数に連動するように資産運用している投資商品です。

日経平均株価やTOPIXなどについては一般的な株式指数の種類をチェック!インデックス投資者必読!を参考にしてみてください。

 

不労所得に関して、即効性はないですが、1000万円ぐらい積立投資をすれば、

利回りだけでも不労所得レベルのお金が入ります。

例えば1000万円を1年間運用して、年間利回りが5%の場合、年間50万円の利益が手に入ります。

月換算すると、毎月4万円の不労所得ですね。

 

1000万円を積立るのに、時間も少しの労力も必要ですが、何もしないで時間が過ぎるのを待つよりも、毎月コツコツ積立た方が、将来の生活が楽になります。

大金持ちでもない限りは、投資で一番必要なのは「時間」です。

一日でも早く投資をした方が、圧倒的に不労所得が手に入る時間が短くなります。

 

インデックス型投資の資産はいわばあなたの母艦です。(母艦の意味については後ほど説明します。)

不労所得を作りたいと思ったら、まずはインデックス型投資に毎月積立投資を始めましょう。

初心者

将来のお金も必要だけど、モチベーションアップの為に早く不労所得が欲しいわ!

と思う人は、私も投資している、ソーシャルレンディング投資はいかがでしょうか?

ソーシャルレンディング投資って何だろ・・?

ソーシャルレンディングとは?

お金を借りたい企業に、私達投資家がお金を貸して利息収入を得る投資方法です。

ソーシャルレンディング の利息収入は「毎月分配金」なので、投資した翌月か翌々月から、毎月あなたの銀行口座にお金が振り込まれます。

もう少し、詳しくソーシャルレンディング投資について知りたい方は・・・

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

初心者

ソーシャルレンディング会社でおすすめはある?

 

私自身、何社か使ってますが、その中でもおすすめなのは「トラストレンディング」ですね。

利息収入を、指定した銀行口座に手数料無料で振り込んでくれるので、管理が楽です。

スポンサーリンク

副業を始める

次の手順としては、「副業」を始めることです。

自分の得意なこと、気になっていることでもなんでもいいので、思いつき限りメモに書いて見ましょう。

 

初心者

不労所得なのに、副業しなくちゃいけないの?

では改めて、不労所得について見て見ましょうか。

不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、それを得るために労働する必要がない所得のこと。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。利子、配当、賃料収入など投資による収益を指す場合や、有価証券や不動産等の権利自体を売買しその売買差益を指す場合、あるいはその両方を含める場合もある。引用元:Wikipedia

この説明だと、自分は何もしないでお金が自動的に入ってくると思ってしまいますが、私の考え方は少し違います。

多少の労力=不労所得

だと思っています。

 

例えば、不労所得で代表の不動産収入。

自分が購入した物件を他人に貸し出すことで毎月賃貸収入を得る方法ですね。

一見、自分は何もしていないように見えますが、少し細かく見ていくと最低でも5点の労力が必要になります。

  • 物件探し
  • 不動産との交渉
  • 老化している部分の修繕
  • 入居者探し
  • 入居者が入った後の管理

 

私には不動産収入はありませんが、未経験者でもこれだけ、やらなくてはいけないことがあるのが分かります。

経験者からしたらもっと細かいとこまで書けそうですね。

管理会社に任せるといった方法もありますが、その分お金はかかりますし。入居者が見つからなければ投資金がマイナスになる可能性もあります。

 

少し細かくみると必ずどこかで労力は必要になるのです。

なので、不労所得を得るためには、まず労力を使う必要があります。

上記に貼った記事から、探してもいいですし、自分で見つけてもいいですが、1つでも見つかったらその副業で1円稼ぎましょう!

 

1円でも稼げたら副業の基盤は出来ました。

あとは100円、1000円、10,000円と収益を伸ばしていきます。

10,000円ぐらいまで稼げたら、今度は自分の労力を抑えて、なるべく自動化出来るように調整して行きます。

・ブログなら記事を外注する。
・YouTubeなら編集を外注する。
・イラストなら背景を外注する。

など、少しでも自分の労力を下げるように工夫して行きましょう。

これらを繰り返していけば、不労所得は出来上がります。

 

ポイントとしては、いっぺんに沢山のことをやらないことです。

沢山の分野をやろうとすると、挫折してしまう可能性があります。

本業があるなら尚更です。

 

中途半端になってしまうと、成果が出にくくなり「もうめんどくさい「収益が出ない!」と、

負の要素が強くなり副業が苦行になって、手が止まってしまいます。

 

私も以前、

イタリアン仮面

いっぺんに沢山の分野をやった方がいい!

と思って、ブログ、投資、写真販売と同時進行したら、見事に失敗しました苦笑

 

今は一つずつ確実にやっていこうというスタンスを取り、その結果徐々に成果は上がっています。

しつこいですが、「本業」があるなら「副業」は1つずつやっていきましょう。

自分が「苦痛」に感じない程度にこなしていくのが副業と付き合っていく上で大切だと思います。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

生活費を見直そう

 

初心者

不労所得の作り方なのに、生活を見直す必要があるの?

不労所得を目指すなら、尚更、生活費を見直した方がいいです。

というのも、自分の生活費が毎月5万円で済むなら、不労所得で5万円稼げれば、最低限の生活は保証されるからです。

 

毎月20万円の生活費が必要な人が不労所得で毎月5万円を手に入れても、

「まだまだ生活は楽にならないな、」と思ってしまうかも知れませんが、

毎月5万円で生活出来る人が、不労所得で毎月5万円を手に入れると、「おぉ!無理に働く必要はないな!」と思えるはずです。

 

不労所得を目指すなら、大金を目指すのではなく、自分が最低限生活できる金額を目指すべきです。

 

当然、金額が大きくなれば、なるほど、難易度や時間がかかってしまいますが、

金額がそこまで大きくなければ1〜2年ぐらい行動していれば、2〜3万円ぐらいなら、手に入ります。

 

私の仕事環境は、週6日、1日の拘束時間12時間の生活の中、コツコツ作業して、2年ほどで毎月2万円ほど不労所得収入を得ています。

私よりも、出勤日数や拘束時間が短い人ならもっと早くに収益を発生させることが出来ると思います。

 

生活費のコストを下げるのに一番効果が高いのは「固定費」ですね。

一般的には以下の6つから見直して見ましょう。

  • 家賃
  • 駐車場代
  • 光熱費
  • 携帯代
  • 保険
  • 毎月定期購入している物

各、固定費の見直しやプランの変更は少しめんどくさい作業になりますが、携帯代が毎月1万円かかっていて、
格安simに変更し、毎月2000円ぐらいに抑えられれば、それだけで年間96000円はコストダウンに成功します。

携帯代でこれだけの効果を発揮しますから、家賃や保険も見直したらかなりのコストダウンを見込めそうですね。

 

節約下手

毎月買っている飲み物やおやつを
我慢した方が固定費の見直しより楽だよね

確かに、日々、買ってしまう飲み物やおやつを我慢する方が、固定費の見直し手続きより楽ではありますが、意識的に我慢すると、近いうちリバウンドします。

 

あなたが、なにかを我慢した時にそれが持続したことはありますか?
〔一時的ではなく、半永久的に〕

おそらく、「はい」と答えた人の数の方が少ないと思います。

我慢は辛いです。意識して自分の欲を抑える必要がありますから。

 

しかも、一日の飲み物代やおやつ代を節約したところで1日300円として、1ヶ月で9000円、1年で108000円。

1年の金額を見ると少し金額が高いですが、1ヶ月の金額を見ると、携帯代と保険の見直しを1回行えば、無意識にお金が浮きますし、飲み物代やおやつを我慢するより効果があります。

・意識的に節約するか
・無意識に節約するか

あなたはどちらを選びますか?

いきなり、全ての固定費を見直し、生活費を抑えていくのは難しいと思うので、「不労所得収入を目指す!」と決めた月から一緒に生活費の見直しを始めて見ましょう。

 

生活費コストが低いということは、それだけあなたは自由になり、必要以上に労働する必要もなくなります。

不労所得を作るには、自分の生活環境も整えていく必要があります。

 

不労所得を勉強する為に本でも探そうかな〜

 

そんな人には、私が不労所得をゲットするのに参考になった本があるので、参考にしてみて下さい!

不労所得を学べるおすすめ本3選【将来安定】

まとめ

不労所得収入の作り方をまとめます。
順番としては、1〜3の順番の方が良さそうですね。

  1. 生活費の見直し〔主に固定費〕
  2. インデックス型に毎月積立投資
  3. 自分に合う副業を探し、収益が発生したら自動化

この順番の方が一番、今の状態からすぐにスタートが出来るかと思います。

 

生活費を見直して、浮いたお金でインデックス型に毎月投資をして、自分の資金源(母艦)を作ります。

この母艦の資金は出来るだけ使わないようにして、お金に稼いで貰いましょう。

 

母艦に資金を貯めつつ、自分が出来そうな副業を探し、日々の隙間時間に、コツコツ作業をして行きます。

収益が発生して来たら、自動化にも意識を向けましょう。

 

コストダウンも出来て、副業でもお金を作れたら、積立投資とは別に、ソーシャルレンディング投資をして、毎月の不労所得を増やしていけば、副業枠とは別に投資枠からも、毎月不労所得が入って来ます。

この手順で毎日行動していけば、1年後には数万円の不労所得は手に入ります。

私も固定費と食費で毎月2万円内には、余裕で収まるように調整したので、今すぐに仕事を辞めても最低限の生活は保証されてます。

最低限の生活が保証されてると、精神的にもゆとりが出来ますし、「不労所得が欲しい!」と思ったらすぐに行動に移すことをおすすめします。

最悪の場合を考えても、投資以外で失敗した場合、失うのは費やした時間だけなので、まずはやってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です