【市役所相談不要】無職が借りる事の出来る賃貸アパート【方法3つ】

こんにちは!
勤め先の飲食店が経営難で潰れ、無職確定のイタリアン仮面です!
@itariankamen

無職でも賃貸契約出来る方法ってないかな?

貯金があるだけじゃ、契約出来ない場合もあるみたいだけど、どうなんだろ?

この辺りの情報をシェアします。

 

結論から言いますと、無職で貯金があっても賃貸契約は難しいです。

大家さんの視点から見ると、

大家さん

貯金があるのは分かったけど、貯金がなくなったらどうするの?

って感じな訳です。

 

自分が部屋を貸す側だと思って想像すれば、わかりますが、毎月の収入がない人より、毎月、収入がある人の方が安心しますよね。

 

無職

じゃぁ無職は賃貸契約出来ないの?

出来なくはないです。ただ、難しいというだけで。

 

この記事では、無職の人が賃貸契約を結ぶ為の方法を3つ準備したので、その内容について書いて行きます。

無職の賃貸契約は、「数打ちゃ当たる」の言葉が一番適切な表現かと思います。

では、見て行きましょう!

 

スポンサーリンク

無職でも借りることが出来る賃貸アパート(方法3つ)

以下3つが、賃貸契約出来る可能性が高いものです。

  • UR賃貸
  • マンスリーマンション
  • シェアハウス

 

そして、ほぼ確実に契約を結びたいなら、派遣に登録して「雇用契約書」を準備すれば、「私は働いていて、毎月給料が入ります。」と言っているようなものなので、契約が結び易いと思います。

 

一つずつ、詳しく見て行きましょう。

UR賃貸

無職

そもそもUR賃貸ってなに?

UR賃貸とは、かつて「公団住宅」(団地)といわれた公的な賃貸住宅です。全国に約75万戸あり、物件を所有するのは独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)。これは日本最大の大家さんです。中所得者層から高所得者向けの住宅で、入居条件には収入の下限があります。以前は抽選でしたが、現在は先着順で入居可能。都市型住宅の先駆的存在として、古い建物でも大幅なリニューアルで新築と変わらない快適性を提供したり、ヤギを除草実験として使ったりと、時代に合わせた新しい住まいを提案しています。引用元;マイナビ賃貸

民間企業が管理している訳ではなく、行政が管理している住宅のことですね。

 

UR賃貸のメリットは無職に嬉しい好条件が揃っています!

  • 礼金なし!
  • 仲介手数料なし!
  • 更新料なし!
  • 保証人なし!

 

独り身で、頼れる人もいない人には「保証人なし!」で入居できるのはかなりありがたいですよね。

私も、家族はいるけど、「できれば頼りたくない。」と思っているので、住むとしたらUR賃貸を選びますね。

 

全部のUR賃貸が「無職の人はNG」という訳でもないと思うので、「一年分の家賃を先払いします!」と契約する時に伝えるか、一度、派遣会社に登録して、「雇用契約書」を準備すれば、OKがもらえる可能性があります。

 

変な話、入居さえ出来れば言いわけなので、民間のアパートを探すなら(更新料とか礼金があるので)、UR賃貸に絞って住むところを探した方が、早く部屋を契約出来そうですね。

 

実際に、無職の人でUR賃貸に契約して住んでいた人もいます。「無職でも借りられるUR賃貸住宅に1年間住んで見た感想」こちらに詳しく書いてあるので、参考にして見てはいかがでしょうか?

 

全国のUR賃貸を調べたい人は、「UR賃貸住宅」こちらのサイトが参考になりそうですね。

全国のUR賃貸を探すことが出来ますし、サイトの操作性も簡単なので、ネット操作が苦手な人でも感覚的に操作できると思います。

 

さらに、キャンペーンや割引制度を行っていたりするので、嬉しい特典が付く場合もあります!

 

無職

民間の賃貸契約結べないよ〜!!

とお困りの人は、一度、UR賃貸を検討して見てはいかがでしょうか?

マンスリーマンション

無職

マンスリーマンションってどういう意味なの?

短期賃貸マンションとは、一般の賃貸住宅とホテルの中間の滞在を目的としたマンション。 一般的にはウィークリーマンション、マンスリーマンションと呼ばれる。引用元:ウィキペディア

 

イタリアン仮面

とりあえず、2〜3ヶ月間住める場所が欲しい。
その間に体制を整えたい!

って人に、おすすめなのが、マンスリーマンションです。

 

短期入所を目的としているので、家具などは最初から準備されています。

カバン一つで入居できるのが良い点ですね。

 

マンスリーマンションも、敷金・礼金がないのが特徴の一つとして上げられます。

さらに、保証人不要の物件もあるので、無職の人にとってはありがたい物件になりますね。

 

ただ、無職の人だと、入居審査に落ちてしまう場合もあるようです。

しかし、前払いをすることで短期入所出来る場合もあるようなので、一般入所より、可能性は高いを思います。

マンスリーマンションについて、詳しい情報が知りたい場合は「部屋探しの達人」に詳しく書いてあるので参考にして見ると良さそうですね!

 

また、マンスリーマンションを幅広く調べたい人は「グットマンスリー」なら全国のマンスリーマンションを調べることが出来るのでおすすめです。

 

無職

ペットと住みたい!

イタリアン仮面

ネットないと死んじゃう!

って人の要望も「こだわりの物件」から探すことが出来るので、自分に合った条件の物件を簡単に探すことも出来ますね!

 

しかし、短期入所を目的としている為か、家賃が少し割高のようなので、マンスリーマンションはあくまでも、体制を整えるために住む場所であって、長期入所をする場所ではない。と考えていた方が良さそうです。

 

それでも、「とにかく、すぐに住める場所が欲しい!」って人には、参考にして貰いたいのがマンスリーマンションですね。

シェアハウス

シェアハウスは、すでにぞ存知の人も多いかと思いますが、一つの住居に複数人で住む家のことですね。

シェアハウスも家具家電が付いていたり、ネット回線が付いていたりと、カバン一つで入居出来るので、お財布にも優しいしありがたいですよね。

 

見ず知らずの人と一つ屋根の下で過ごすのに抵抗がある人には、住みづらいかも知れませんが、短期契約も出来るので、一時的に住む場所を探したい人には、向いている物件だと思います。

 

家賃に関しては、立地次第のところがあるようなので、平均金額は出しずらいのですが、「ひつじ不動産」にシェアハウスについてのノウハウが書いてあるので、参考になりそうですね。

 

無職

シェアハウスでも無職OKなの?

OKのところと、NGなところがあるようなので、一概には言えませんが「無職がシェアハウスに住むまで」こちらの記事に、無職の人がどうやって、シェアハウスに住むことが出来たのか?について書いてあるので、かなり参考になりますよ!

 

ひつじ不動産」でも物件は探せますが、少しサイトが見づらいので、「ハナサカス」で物価を探した方が良さそうですね。

ハナサカス」は家賃が2万円代の物件だったり、キャンペーンで1ヶ月の家賃が無料だったりと、めちゃくちゃお得なサイトです。

 

以前は「女性限定」のサイトだったので、

イタリアン仮面

でたー!
男性には優しくない制度
無職なんだから入れてよ!

と、文句を言っていましたが、「男性物件」も取り扱いを開始したようなので、男性でも入居出来ます!

 

家賃安ーい!笑(しかもこの物件ならwifi付き)

しかも、ちょくちょく、キャンペーンで初月賃料無料の物件もあるので、無職にはありがたい!

 

無職でもシェアハウスに住める可能性はあるようなので、シェアハウスに的を絞って調べて見るのも良さそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

情報をまとめます。

 料金入居のしやすや長期滞在設備
UR賃貸4〜5万円(1ヶ月)雇用契約書があると心強い★可能家電あり
マンスリーマンション3000〜4000(一日)頭金があれば可能性あり★★2〜3ヶ月が目安
長期滞在は可能だが料金が高い
家具家電付き
シェアハウス3〜4万円(1ヶ月)場所による
頭金あれば可能性あり
★★
可能家具家電付き

正直、無職が賃貸契約を結ぶには、すんなり行かないそうなのが現実ですね。

しかし、上記の先導者達は、無職でもしっかり賃貸契約が出来ているので、「数打ちゃ当たる」可能性があります。

 

確実に賃貸契約を結びたいなら、派遣会社に登録して「雇用契約書」を提示するのが確実だと思いますが・・・

無職

無職じゃ無理か・・・

と思わずに、

イタリアン仮面

OK出るまでひたすらプッシュしてやる!

と気合いを入れて、探せば無職でも賃貸契約を結べるところが出てきそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です