生活防衛資金とは?目安の金額はいくら必要?預け先を考察!

 

こんにちは!

さて、今回は・・

生活防衛資金」についての記事です。

 

投資をする人には、必須だと思いますし

投資をしない人にも、大切なことだと思うので

ぜひ、これを機に生活防衛資金についての

知識を身に着けましょう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

生活防衛資金とは?

そもそも、生活防衛資金とはなんなのか・・?

 

自分や家族の生活を防衛するための資金です。

 

万が一の時に必要なお金ということですね。

今は、安泰でも将来の事は、誰にもわかりませんよね?

会社の倒産・リストラ・病気など、

 

もし今、毎月の収入がなくなってしまった場合

自分と家族が生活していくために必要な資金の事を

生活防衛資金と言われています。

 

この資金については、自分だけか

家族がいるかによって大きく金額が

変わると思いますが、

私は現在おひとり様なので笑

 

自分(一人)だけの場合に必要な生活防衛資金を

中心に考察していきます。

 

目安の金額はいくら必要?最低限とかある?

生活防衛資金については、色々な書籍でも

書かれています。

 

本を書いている人の考え方によって

答えは様々ですが、

大体、毎月掛かっている生活費の6ヵ月~2年程度が目安とされています。

 

又、フリーランスや自営業者の人達は

最低でも、1年間は生活していける資金が必要と

されています。

 

一般的に言われている、最低限(6ヵ月)で考えると・・

毎月20万円で生活している人が

6ヵ月分の生活費を確保するなら、120万円は必要ですね。

 

2年間となると・・

20万(一ヵ月分)×24カ月分=480万円

500万近くあれば、安心感は高そうですね。

 

個人的は意見ですが、20代の内は、

たくさんの生活防衛資金はいらないと思います。

 

20代の内は生活防衛資金はそんなにいらない?

極論を言えば、人それぞれのライフスタイルがあるので

一概に言えないのですが、

 

20代でもし、会社が倒産したり、リストラにあった場合

アルバイトや派遣をすれば収入が0になることは

ないですよね?

 

一人暮らしをしているなら

2~3ヵ月分の家賃や光熱費、食費分を確保していれば

生活防衛資金は十分だと思います。

 

さらに、20代で大きな病気になることも

一定数はもちろんいると思いますが

30代、40代の人に比べると

確率は低いと思います。

 

もし、20代で病気などの心配をするなら

必要最低限の保険に入っておくなどの対処で十分かと思います。

 

実家暮らしなら、家賃や光熱費の心配もしなくて

いいと思うので、より生活防衛資金は少なくて大丈夫そうですね。

 

生活防衛資金は、要は「預金」の位置づけだと

思うので、上を見てたらキリがありません。

 

なので、自分は上記の内容の、どの位置にいるかを

まず、把握してどこまで許容できるかを

知ることが大切だと思います。

 

30代、40代になるにつれて

資金額を少しづつ増やしていくのがいいと

私は思います。

(いきなり500万貯めなくちゃ!と思うと疲れると思う)

スポンサーリンク



預け先はどこがベスト?

生活防衛資金は流動性の高い場所に

置いておくのがいいので

「普通預金」がベストかと思います。

 

「MMF」・「MRF」・「個人向け国債」などに

入れた方が良いという話も聞きますが、

 

普通預金の方が流動性は高いと思うので

私なら普通預金にしますね。

 

又、タンス預金という選択肢もありますが

災害リスクを考えると、危険な気がしますね。

 

一番いいのは、ネットバンクに預金した方がいいですね

地方銀行など地域に縛りがあるような所だと

最悪の場合の、すぐにはお金をおろせないと思うし・・

 

ネットバンクなら災害の時

リスクヘッジに繋がります。

 

私は、SBIネット銀行を使っています。

20代資産運用するなら小さいコストも見逃すな!

(タイトルには書いてませんが、SBIネット銀行について書いてあります)

 

SBIネット銀行なら、日本全国・海外でも使えるし

どの時間帯でも、入金手数料は無料、

出金手数料も無料(条件あり)

振込手数料も無料(条件あり)

 

使っていて、デメリットを感じたことは

一度もないという優れもの。

(カードのデザインもかっこいい!)

 

まとめ

生活防衛資金は・・

「精神的安定性」・「すぐにお金をおろせる状態」

この2つをクリアするようにした方が良いですね。

 

「目標金額があった方がいい」と

思う人もいると思うので、

個人的には、最低でも50万円ぐらいあれば

大丈夫だと思います。

 

最初に50万円を生活防衛資金にして

一年間様子を見る。

「やっぱり、50万円じゃ不安だ!」って言う気持ちに

なったら金額を増やす。

 

柔軟に対応していけば、問題ないかと、

 

私は、「生活防衛資金に力を入れるなら投資する!」派なので笑

預金2:投資8ぐらいで行動しています。

 

まだ20代だし、結婚もしてないので

最悪、「どんな状態になっても一からやり直せばいいや」と

開き直っていますw

 

一応、自営業者の枠にいるので、本来は普通のサラリーマンより

多めに資金を準備しなくちゃダメみたいですけどね。

 

それよりも・・

セミリタイア生活を実現させる気持ちの方が強いのです!

セミリタイアについて考えてみる

 

生活防衛資金って言葉は、あまり聞きなれないかと

思いますが、この記事で知ってしまったそこのあなた!

これを機に、考えてみてはどうでしょうか?

(必要のないことでは、ないと思います)

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です