【無職期間の平均は半年間】再就職に向けてやっておくべき3つのこと

こんにちは!
過去に無職経験ありで、1ヶ月後にはまた無職になるイタリアン仮面です!
@itariankamen

みんなの無職期間ってどれぐらいなんだろう・・・

面接の時って、空白期間をどうやって説明すれば良いのかな?

この辺りの情報をシェアしたいと思います。

 

無職期間は、平均して半年〜1年間未満の人が多いようです。

中には、現職中に転職活動を行ってから退職をして、二週間ぐらいで再就職をする人もいるようですね。

二週間ぐらいで転職出来ている人は、ぶっちゃけエリートレベルの人か、前々から計画的に行動していた人だけだと思います。

 

「今の仕事が辛いからもう辞めよう・・・」、「会社が倒産してしまった・・」って人は、

おそらく二週間程度では、再就職するのは難しいと思うので、余程、計画的に行動を取っていない人は、半年ぐらいは転職に時間がかかると先に思っていた方が、精神的には楽かなと思います。

 

この記事では、無職期間の平均が半年間である具体的な情報と、面接時に空白期間をどうやって説明するかを書いて行きます。

スポンサーリンク

無職期間の平均が半年間って本当?

無職

無職期間って平均で半年間ってマジ?

転職時にかかった年数に関して、アンケートを取っていたサイトがあったのでそちらを参考にしています。

引用元:無利息カードローン

30人に聞いた結果のようですが、アンケート結果は、半年〜1年間かかった人が多いようですね。

おそらく、半年間ずっと転職活動をしていたのではなく、「自分にはなんの仕事が向いているのか?」を考える時間も使っての半年間だと思いますが、世の中の平均が半年間ぐらいだと分かると、2〜3ヶ月程度で慌てる必要もないのかな?って感じですね。

 

あとは、「発言小町」でも転職期間についての内容がありましたので、紹介しておきますね〜

引用元:発言小町

この質問の内容に対しての一部の回答がこちらです。

引用元:発言小町

回答者は半年〜1年ぐらいかかってるようですね。

空白期間が空きすぎてしまうなら、職業訓練も保険代わりとして効果的のようですね!

やはり、空白期間をどうやって過ごすか?、行動して行くか?も重要なポイントとなりそうです。

他にも回答者がいますので、参考にしてみると良さそうですね。

スポンサーリンク

無職期間中にやるべきこと3つ

無職

無職期間が半年間あった時って面接時になんて言えば良いの?

無職

なんかやっておいた方が良いことってある?

 

やっておいた方が良いことは3つあります。

  • 勉強(就職先に役立つ内容を勉強しアピール出来る)
  • 旅行(気持ちが前向きさをアピール出来る)
  • 読書(好奇心があることをアピール出来る)

一つずつ見て行きましょう!

勉強(就職先に役立つ内容を勉強してアピール出来る)

就職先として狙っている業種の勉強をしておいて、専門用語などの知識などを持っていると、「私には向上心がありますよ!」と企業にアピール出来ます。

 

詳しく知っておいて損はありませんが、簡単な用語ぐらい覚えておいた方が良いかも知れませんね。

IT分野なら、HTMLやCSSなど。

事務系なら、WordやExcel関係ですね。

 

あなたは半年間何をしてましたか?

面接官

イタリアン仮面

はい。御社のような業界に入る為に、〇〇について勉強をしていました!

と、スムーズに対応可能です。

旅行(気持ちが前向きさをアピール出来る)

この半年間、あなたは何をしてましたか?

面接官

無職

はい。部屋に引きこもってました!

イタリアン仮面

はい。この期間には旅行に行き、見識を広げていました!

 

あなたが面接官なら、どちらの人に興味を持ちますか?

また、どちらの方が、自分の会社で戦力として働いてくれそうですか?

おそらく、後者の方が興味を持つと思います。

 

旅行と聞くと、「なんだ、遊び呆けてただけじゃないか。」と思いそうですが、精神的に強く、好奇心があると判断してもらえる場合があります。

 

海外のように「無職期間中バックパッカーしてたぜ!」と言って「面白い!採用!!」と行かないのが、日本の企業ですが、それでも、「家でゴロゴロしてました。」と発言するよりは、ずっと好印象に残るはずです。

 

もし、お金に余裕があれば、あえて旅行に行くのも一つの手だと思います。

海外に行って、英語が喋れるようになっていたら、かなり需要がありそうですね!

読書(好奇心があることをアピール出来る)

読書をすることでも、面接時の対応に役立ちそうです。

この半年間、あなたは何をして来ましたか?

面接官

無職

はい。たくさんの本を読み、見識を広げていました。

 

「見識とは?具体的に教えて頂けますか?」と来てもスムーズに返せるようにしておいた方が良いですね。

「なるほど。」だけで終わるとは思いませんので、汗

 

旅行に行くのが無理なら、読書でも良いと思います。

見識を広げる行動→好奇心旺盛。と評価される場合もあります。

 

ただ読んだだけでなく、自分がその本を読んで、どう思ったか?、自分ならどうするか?まで考えられたら、冷静に物事に対処出来る力がある。

 

と思ってもらえるかも知れませんね!

スポンサーリンク

まとめ

上記に紹介して3つのことを行っておけば、「あなたはこの半年間何をしてましたか?」に対応出来ると思います。

どれでもそうですが、やる気と行動力をアピールした方が企業に取っては好印象を持ってもらえると思います。

「何もしてなく、ゴロゴロしてました。」では、「この人に仕事任せて大丈夫かな?やる気あるのかな?」と思われてしまいますからね。

 

私も、面接時に「あなたはこの期間中何をしてましたか?」と言われた時に、

イタリアン仮面

国内の行きたところを周り、見識を深めつつ、好きな本をたくさん読んでました!

と話、「国内とはどこに?」・「どんな本を読んでましたか?」と少し興味を持たれそれについてお話をしてました。

 

それが理由か分かりませんが、採用は頂けました。

 

面接官によってアタリ、ハズレはあると思いますが、「持たぬ知識より、持つ知識」だと思うので、参考にしてもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です