セゾン投信から他社の証券会社へのNISA口座移管方法!

こんにちは!

今回は、「NISA口座の移管方法」について

書いていきます。

 

NISA口座を使っていると

「他の証券口座の方が便利そうだな~」と

思うことがあると思います。

 

特に、「セゾン投信」や「ひふみ投信」など

直販型の投信にNISA口座を開くことは

あまり、効率の良い運用方法ではなくなってきています。

 

というのも、「セゾン投信」・「ひふみ投信」の商品も

SBI証券や楽天証券からでも、買付が可能に

なっているからです。

 

今日はセゾン投信のNISA口座移管方法を書いて

行きます。

スポンサーリンク



セゾン投信のNISA口座移管手続き方法

まずは、セゾン投信のHPにアクセス!

各種お手続き」があるので

そこをクリック。

 

下の方にスクロールしていくと

「ご登録情報の変更方法」があるので

そこまで行ったら

書類をダウンロード」をクリック。

 

 

そうすると、何を変更したいかの

一覧が出てくるので

金融商品取引業者等変更届出書」があるので

そこをクリック。

 

そうすると、PDFの画面になり

2枚分あるのですが、

提出するのは、2枚目だけなので

2枚目だけ、印刷しましょう。

 

特に、難しいことを記入するわけでなく

「名前」・「住所」・「生年月日」

「電話番号」・「セゾン投信口座番号」を

書いて、送るだけ。

スポンサーリンク



注意する点

PDFの一枚目にも、書いてありますが

その年の非課税枠の金額を使ってしまうと

その年にNISA口座の移管手続きができません。

 

なので、この記事を見て

「よし!NISA口座を移管するぞ!」と思っても

この年に非課税枠の金額を使って

いたら、今年に変更はできないのです。

 

しかも、毎月積立投資をしている人は

自動で買い付けをしていると思うので

一度、積立てを停止しないと

来年になっても変更できない・・

(これがかなりめんどくさい・・)

 

もし、NISA口座の移管をするなら

まずは、積立投資を一時停止してから

変更手続きを始めましょう。

 

まとめ

まぁ・・めんどくさいよね笑

私は最初、簡単に移管できると

思っていたので

「セゾン投信からSBI証券に移管しよう!」と

思って手続きをしたら、後日連絡があり

「今年は、もう出来ないよ~」と言われ

 

調べたら、現在、積立投資していて

すでに、非課税で投資をしていたので

今年はもう無理です状態。

 

めんどくさくなって、もう放置状態笑

 

NISA口座の期限が切れるまでは

このままで行こうと思いました・・

 

なので!NISA口座の移管を考えていたら

まずは、積立投資の一時停止をしましょう!

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です