リゾートバイトの住み込みで短期間働く【定住しない生き方可能】

こんにちは!
現在、リゾートバイトの住み込みで短期間働いているイタリアン仮面です!@itariankamen

リゾートアルバイの住み込みに興味あるんだけど、どんな感じなの?

本当に家賃・光熱費・食費は無料なの?

この辺りの疑問を解決したいと思います。

 

結論から言いますと、私は、普通のアパートの一室を借りて貰って住んでいるので、特に住み込みで働いている感じはしません笑。

 

家賃・光熱費に関しては、無料で住まわせて貰ってます。

食費に関しては、仕事のある日にだけ、昼食と夕食分のお弁当を支給されています。

 

リゾートバイトで住み込みを始める前までは、

イタリアン仮面

同じ職場で働く人たちに囲まれながら、生活していくんだろうなぁ〜

と思っていましたが、普通のアパートを間借りしているので、リゾートバイトならではの住み込み的感想はないですw

 

求人の内容によっては、寮タイプや、働く職場の客室に泊まることも出来る場合があるので、気になる仕事があったら、派遣会社に詳しい話を聞いた方が良いですよ。

 

この記事では、リゾートバイトで住み込みをしているリアルな生活事情を紹介して行きたいと思います。

「リゾートバイトの住み込みってどんな感じなんだろ?」って人に少しでも想像しやすいように、生活画像を含めて書いて行くので、リゾートバイトに興味がある人の参考資料になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

リゾートバイトの住み込みで短期間働く(住んでる場所を紹介)

私が実際に、住み込んでいる部屋を紹介して行きます!(間取りは1Kです。多分、笑)

ちなみに、画像にある日用品は全て、最初から付いていました。

私が入る前に住み込みで働いていた人が置いていった物もあります。

 

クローゼットは、ここだけですね。(荷物は私のですw)

服かけはクローゼットの中になく、部屋にかける場所がありました。

 

自炊する人には、このキッチンは狭いと思います。

私も多少自炊してますが、コンロ一個しかないし、調理場が狭いので、作るの手間がかかります。

 

冷蔵庫と電子レンジもありました。

一人で暮らしていくには、申し分ない冷蔵庫の大きさですね。

 

ユニットバスです。

ユニットバスに抵抗がある人はきついかもですが、私は、気にならないので、特に問題なし。

 

室内に洗濯機があります。

これが嬉しい誤算でして、契約の時には、「洗濯機は共有」と書いてあったのですが、なぜか、私のアパートには部屋の中にありました笑。

 

逆に、「部屋にあり」と書いてあっても、共有して使う場合もあると思うので、住み込む場所が決まったら、しっかりと確認しておくと良いですよ!

 

以上が、私が実際にリゾートバイトで住み込むをしている部屋の内装になります。

生活に最低限必要な物は揃っていたので、消耗品類を少し買い足すだけで済んだので助かりました。

住み心地は、悪くないです。

スポンサーリンク

リゾートバイトの生活スタイル(仕事の日)

イタリアン仮面

ここでは、リゾートバイトの生活スタイルを紹介します。

 

実際に私のリゾートバイトの生活スタイルを紹介して行きますね。

大したことはないのですが、初めてリゾートバイトに参加したい人の参考になればと思い、書いて行きます。

 

  • AM9:00|起床
  • AM11:30|出勤
  • PM12:00|仕事開始
  • PM21:00|残業がない場合はここで終了
  • PM22:30|残業があるとこの時間まで仕事
  • PM23:30|帰宅して、お風呂から出てご飯を食べ終わる
  • AM25:00|就寝

こんな感じの生活スタイルになっています。

 

正直、接客業全般の業務は、定時上がりはないと考えて置いた方が良いですね。

お客さんが帰らなければ、仕事は終わらないので、全てはお客様次第です。

 

ただ、残業代はしっかり出ますし、8時間以上働くと、時給も上がるので、ガッツリ働きたい人には嬉しいかも知れませんね。

イタリアン仮面

私は定時で帰りたい派です笑

 

ちなみに、私が担当している業務は「裏方業務」です。

仕事内容としては、客室清掃と調理場担当ですね。(裏方業務の詳しい内容は後日、別記事で紹介します。)

リゾートバイトの生活スタイル(休日)

イタリアン仮面

ここでは、休日の生活スタイルを紹介しまっす!

 

都心から、地方に住むとなると、「休日することあるの?」と疑問に思う人もいると思うので、私の休日でありますが、紹介して行きますね。

 

  • AM9:00|起床
  • AM10:00〜11:00|家事を済ませる
  • AM11:00〜PM15:00|近場の散策(観光地や喫茶店巡りなど)
  • PM15:00〜AM24:00(部屋でだらだらしてる)
  • AM25:00|就寝

 

まぁ・・・ほとんど部屋でだらだらしてますねw

 

だって、お店と言っても、コンビニ・スーパー・ドラックストア・喫茶店ばかりで、他にお店がないんだもん!!

最初こそは、近場の観光地に行ったりしますが、何回も行く必要は感じないし、そうすると、自然と部屋にいるものです。

 

私のリゾートバイト地は、栃木県なのですが、3〜4月は、夕方になると冷え込んでくるので、バイク乗りの私には外は厳しいのです。

 

もう少し暖かくなったら、少し遠くまで、観光したいと思ってます!

なので、都心から、地方にリゾートバイトをするなら、娯楽道具は絶対に持って行った方が良いですよ!

(パソコンがあれば必須レベルですね。)

スポンサーリンク

定住しない生き方が可能

リゾートバイトに住み込みで働いている感想としては、

イタリアン仮面

定住しない生き方は可能だな

と感じたことです。

 

デジタルノマド生活の場合って、自分で仕事を取って稼いだり、1〜10までの作業を自分でやりながら、生活面でも上手くやらないと行けませんが、リゾートアルバイトなら、毎月必ず給料は入るし、生活コストも落とせるので、生きやすいです。

 

リゾートバイトは日本全国にありますし、日本を周りながら、お金を稼ぎつつ、旅をすることができます。

 

旅と聞くと、お金の問題がどうしても気になりますが、リゾートバイトで住み込みながら生活して行けば、家賃・光熱費はかからなし、食費も最低限の支出で済みます。(何より、毎月給料が出る!!)

 

自分のことを誰も知らない土地で生活して行くことに興味がある人には、リゾートバイトはおすすめですね。

 

私が今回、登録したのは、「アルファリゾート」です。

スタッフの感じもよく、LINEで気軽に連絡を取り柄うことができるので、気に入っています。

 

アルファリゾートを覗いてみる?

まとめ

リゾートバイトと聞くと「短期間でガッツリ稼ぐ!」イメージが強いかもですが、一人暮らしの練習をするのにも最適かと思います。

 

何が必要で何がいらないか?の判断力も付きます。

とりあえず、家賃と光熱費はかからないので、好きに生活してみて、調整して行ったりと色々実験も出来ますよ。

(私は24時間エアコンを使ってますw)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です