刺激がない人生から脱出する方法は行動力のみ【今日からできる7選】

やっほう!
刺激的な人生に憧れて、無職生活から中々抜け出せないでいるイタリアン仮面です!@itariankamen

毎日、同じことの繰り返しで嫌になる

刺激的な人生を送りたいな、でも何からやればいいか分からない・・・

この辺りのお悩みを微弱ながらお手伝いします。

 

社会人になると、仕事場と自宅の往復の繰り返しで、嫌になってきますよね汗。

休日も、家事をこなしたり、友人と遊んだりはするけど、毎週繰り返していると、「なんか他のことを始めたいな〜」と思いつつも、やる気が起きなかったり、行動に移すのが億劫でいつまでも抜け出せないと、月曜日になると「あぁ〜また、同じ日の繰り返しや〜!!」となってしまいますよね。

 

私も、働いていた頃は、週6日出勤で12時間拘束で、休日の日は、家事をするだけで、一日の半分が終わってしまい、

イタリアン仮面

もうあと半日しかないやん・・・

と軽く絶望をした日々を送っていました。

 

しかし、このまま「刺激的な人生を送れないままでいいのか?」と考える毎日に嫌気がさして、個人店の飲食店で働いていましたが、お店を閉めるとなったので、そのタイミングで「無職」という選択肢を選びました。

 

この記事では、今日から刺激的な人生始めることができる7選を紹介して行きます。

下記に紹介する内容は、私自身が経験してきたことの紹介になりますので、少しでも、あなたの人生が刺激的になれば嬉しいですm(_ _)m

 

スポンサーリンク

刺激がない人生から脱出する方法7選

刺激がない人生から脱出する方法をしましては、以下8点が始めやすいかと。

  • 通勤ルートを変えてみる
  • 読書をする
  • 習い事を始める
  • 行ったことのないお店に入る
  • 新しい物を買ってみる
  • 夜のお店に繰り出す
  • 旅をする

順番に深掘りして行きますね。

通勤ルートを変えてみる

定番と言えば定番ですね笑。

しかし、一番お金をかけず、気軽に行動しやすいのも事実ですね。

 

通勤ルートを変える方法としましては、以下3点かと。

  • 通勤を電車から自転車に変えてみる
  • 一駅前で降りて歩いてみる
  • 単純に帰宅ルートを変えてみる

 

通勤ルートを変えるときの注意点としては、スマホを見ながら歩かないことですね。

当たり前ですが、どんなにルートを変えても、見ている先がスマホの画面だと、刺激的にはなりづらいかと。

 

なので、通勤ルートを変更して行動するときは、スマホを見ないで、周りの景色を見ながら歩いた方が新しい発見があって面白いですよ〜

 

私が通勤ルートを変えたときに意識していたことは、以下2点です。

  • 自分が家を買うならどんな家がいいか
  • 個人店のお店はないか

上記の2点ぐらいですね。

 

自分が家を買うならどんな家がいいか?を意識して他人の家を見て歩くのは結構楽しいですよ笑。

 

イタリアン仮面

この家はスタイリッシュでいいな!
この家ガレージある!俺もこんな家がいい!!

などなど、観察しながら歩いているときは、かなり刺激的な感覚を味わえますね。

 

さらに、個人店のお店を見つけたら、入ってみるとさらに刺激的になります。

私が、前に入ったお店は、おばあちゃんとおじいちゃんがやっている個人居酒屋で、入店したらおじいちゃん、おばあちゃんしかいなくて、一瞬お店が静まり返りましたねw

 

でも、それも普段なら味わえない刺激なので、最後らへんは何人かの人とお話をして楽しかったですね笑。

 

読書をする

読書も刺激が欲しい人には、手を出しやすい方法かと。

いつも読書をしている人は、今まで読んだことのないジャンルに手を出してみると、聞いたことのない単語などを知ることが出来て、少し刺激的になりますね。

 

イタリアン仮面

私も普段、小説やビジネス書や自己啓発書など読んでいましたが、官能小説に手を出して読んだこともあります笑

 

官能小説って意外とストーリー性があり、ただちょめちょめしてるわけじゃないので、意外な発見でしたね笑。

 

中古本で100〜200円程度の本を購入するば、お金もたくさんかける必要がないので、長期に渡って刺激を受けることが出来ます。

 

過去に私が読んで、今でも読み直している本が何冊かあるので、少しだけ紹介しておきますね〜

 

 

個人的には、ミステリー小説がワクワクするので、結構刺激的ですね。

イタリアン仮面

続きが気になって、寝不足になるのがデメリットですね笑。

 

まだ、読んだことのないジャンルがあれば手を出して見てはいかがでしょうか?

習い事を始める

少しお金をかけて大丈夫な場合は、習い事を始めてみるのも一つの手ですね。

学生の頃にやっていた部活を大人になってから始めるのもいいですし、あえて、今までやったことのないジャンルに挑戦するのも、刺激的になるかと。

 

イタリアン仮面

私は、学生の頃、テニス部でしたが、せっかくなので、
クライミング
登山
ゴルフなどを経験しました。

クラブに入ることはしませんでしたが、週1〜2回通ったりしてましたので、1週間のうちに少しだけ刺激日があって楽しかったですね。

 

個人的ポイントをしては、1つの習い事をするのではなく、2〜3種類組み合わせて、始めると中々、飽きも生じてこないので、おすすめかと。

 

行ったことのないお店に入る

仕事場の近く、自宅の近くのお店を制覇するのも刺激的で楽しいですね。

 

普段なら、チェーン店に入ったり、コンビニで済ませてしまう食事を、少し違うところで食べてみてはいかがでしょうか?

 

何回か通っているうちに、お店の定員さんと仲良くなったり、お客さんと仲良くなると、その人の経験や知識を得ることも出来るので、「そんなものがあるのか!」と新しい発見に繋がるので、刺激が持続しますね。

 

過去に、お店に通っているお客さんと一緒にボーリングをやりに行ったりしたことがありますが、本気でボーリングをしている人と一緒にやると、意外とボーリングも奥が深くて、ただボールを転がしている自分が恥かしくなった経験があります笑。

 

ただ、お店に行くのも楽しいですが、定員や常連客とも仲良くなるのを目的として行くとゲーム感覚になるので、「どう攻略すればこの人と仲良くなれるかな?」と考えながら会話するのも刺激的で楽しいですよ〜

 

新しい物を買ってみる

新しい物を買ってみるもの、難易度低くて良いですね。

とはいえ、スマホがあるから、スマホケースを新調するとかではなく、今まで意識してこなかったジャンルの物を購入するのが、刺激感は強いかと。

 

例えば、普段料理をしない人なら、便利なキッチン用品を購入するとか、掃除が苦手な人なら自動で掃除してくれる物を購入するとかですね。

 

手始めに、100均一に行くのが良いかと。

と言うのも、100均一に通っている人なら驚かないですが、あまり行ったことのない人が行くと「えっ、こんな便利な物が100円であるの??」と驚く商品がかなりあります。

 

一時期、話題になっていたのが、「アイスキューブ」ですね。

 

何がすごいって、わざわざ氷を作ることも買って来ることもしないで、冷凍庫に入れておくだけで永遠にキンキンに冷えたアイスストーンを使うことで、飲み物を冷やしながら飲むことが出来ることですね。

 

ネットの方が石の形がカッコ良かったり、数が多かったりしますが、とりあえず使ってみたい人は100均一で購入することが出来ます。

 

それ以外にも、便利グッズがたくさんあるので、生活に少し刺激が欲しい人には、新しい物を購入してみてはいかがでしょうか?

 

夜のお店に繰り出す

お金はかかりますが、一時的に圧倒的に刺激が手に入るのは、夜のお店に行くことですね笑。

別に性的なサービスを受けに行くとかではなく、私が過去に行ったことのある刺激的な夜のお店は下記5点ぐらいですね。

 

  • クラブ:約2000円(音楽ガンガンで踊りまくる)
  • ナイトプール:約5000円(景色の綺麗なところでぷかぷかする)
  • BAR:約2000円(マスターと話しても、読者してもよし!)
  • ハプニングバー:約12000円(お酒を飲みながらお客さん同士で話す)
  • ガールズバー:約3000円(若い女性と会話しながらお酒を飲む)

 

普段から行くわけではないので、月1〜2回程度でも、かなり刺激的ですね。

 

しかしネックなのが、コストが高いことですね。

イタリアン仮面

とは言っても、行ったことがないなら、人生の経験として1回ぐらいは経験しておいても良いかと。

 

理由をつけて、行かない方法を探していると、刺激がない人生から抜け出すことが出来ないので、「とりあえず、仕事終わりに行ってみるかな〜」ぐらいの気持ちで参加してみると行きやすいかと思いますよ!

 

イタリアン仮面

私は、無職生活になってからは行けてません泣。

 

旅をする

旅をするのも定番と言えば定番ですね。

私も過去に、日本を一周したり、東南アジアにバックパッカーをした経験がありますが、毎日が刺激的でかなりワクワクして生活していましたね。

 

社会人の場合だと、長期休暇を取るのが難しかったりしますが、土日がお休みの人なら一泊二日なら出来ると思うので、旅をしてみるのも良さそうですね。

 

短期間の旅をして刺激的な旅を送るポイントとしては、荷物を持っていかないことですね。

国内なら、スマホと財布だけあればどこでもいけるので、足りない物は現地調達をするようにすると、少し刺激的になりますよ。

 

スーツケースに、着替えや、洗面器具など、いつも使っている物を旅先で使っても、日常と大して変化が起きないので、現地の物を使うようにすれば、非日常感が増しますね。

 

行動パターンにも変化を入れると尚良いかと。

  • 普段、車で旅行に行く人→電車で移動する
  • 普段、交通機関で旅行に行く人→現地でレンタカーを借りる

などなど、移動手段を変えるだけでも、だいぶ変わるかと!

 

余談ですが、私がタイに行ったときは、下痢になりかなり刺激的(お腹周りが特に)な経験をすることが出来ましたw

【実体験】バンコクで下痢になる原因【現地の薬が最強】

転職する

転職はかなり難易度高めですが、いっそのこと転職をするのも刺激的な人生になるかと。

私の個人的な考えですが、「お金は必要最低限あれば良い」と考えるタイプなので、収入面を優先順位にしないで、興味のある仕事があれがそちらに行った方が、仕事自体が刺激的で楽しい毎日になるかと。

 

さらに、転職するタイミングで引っ越しもすれば、刺激感がさらに増すかと。

イタリアン仮面

私も、働く環境が変わるごとに住む場所を変えてますね

 

住む場所が変われば、上記に紹介した内容も一部リセットされるので、再度、日常に刺激を与えることが出来ますよ。

スポンサーリンク

刺激的な人生を経験すれば、過去と比較できる

刺激が欲しい人

今まで刺激的な人生を送ったことがないから刺激が欲しいな〜絶対に楽しいよな〜

と思う人は、少しづつでも良いので、行動して行った方が良いかと。

 

と言うのも、実際に刺激的な人生を送ろうとして、行動してきたけど、「あれ?思ったほどに刺激のある人生は疲れるな、たまに刺激がある程度でいいかも・・・」と思う場合もあるので、その考えができるのも、刺激的になるように行動して行った人でないと考えられないことなので、刺激が欲しい人は、早めに行動をして、過去の自分と比較した方が良いですね。

 

イタリアン仮面

私も刺激が欲しくて、日本一周やバックパッカーしたりしたけど、行動の持続って結構きつい部分もあって、今はたまに刺激があればいいや!ぐらいに落ち着いていますw

 

スポンサーリンク

まとめ

刺激がない人生から脱出する方法【今日からできる7選】は下記です。

  • 通勤ルートを変えてみる
  • 読書をする
  • 習い事を始める
  • 行ったことのないお店に入る
  • 新しい物を買ってみる
  • 夜のお店に繰り出す
  • 旅をする

 

ですが・・・

【悲報】どんな刺激的なことにチャレンジしても、繰り返して行くと日常化して刺激感が薄れる。

 

旅をしてても、毎日、寝床探しやご飯を食べる場所を探すのは大変ですし、行ったことのない場所へ行ってても、時間が経てば制覇出来ちゃうし、夜のお店に繰り出しても慣れてくると、お金が気になり出しちゃうし、ぶっちゃけ、永遠に行動して行かないと刺激は薄れますね。

 

なので、持続的に刺激ある人生を送るには、少しずつ複数のことをやって行くのが一番良いかと。

 

一点集中だと、知識や上達スピードは早くなりますが、その分、飽きてくるスピードも高いです。

 

しかし、複数のことを少しずつやって行けば、知識や上達スピードは遅くなりますが、なかなか飽きることなく続けて行くことができるかと。

 

イタリアン仮面

人生に刺激が欲しい場合でも、刺激の「調整」は必要かと。

 

今回、紹介した中のどれか一つでも、意識的に手を出せば、今より少しだけ刺激的な人生になると思いますよ!

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です